教育体制

湘南厚木病院のキャリアデザイン

看護職員の教育を通じて、それぞれが仕事のキャリアと人生のキャリアを積んでゆけるよう、援助しています

教育の目的: 看護専門職業人としての役割思考能力を高め、個人の成長に留まらず組織の期待
       する能力や看護部理念である患者中心の質の高い看護サービスが提供できる人材
       を組織的かつ系統的に育成する 

教育の目標: ・新人看護師目標
        組織的な看護技術・知識を習得し、臨床現場で実践できる
        病院としての組織、各部署でのチーム医療を理解し、自分の役割が理解できる
       ・個々の看護師が成長段階にある自己の実践能力を高め、自己の役割を認識し行動
        に繋げられる(クリニカルラダーの活用) 

教育の方法: 院内教育
        1.集合教育(経年別集合研修、キャリア別集合研修、勉強会、発表会等)
        2.現場研修(0JT、プリセプターシップ、フォローアップ等)

       院外研修
        1.看護協会等主催による研修会への派遣
        2.徳洲会主催の各種研修会、TCLS、TMATなどへの派遣を通した教育
        3.認定看護師等養成校への進学援助 

評価の方法:  1.評価表(技術チェックリスト、業務実践に関する評価表)
        2.面接評価(所属長による個人面談)
        3.新人チェックリスト(1・3・6・12ヶ月ごとの評価)

他施設研修

ER研修<湘南藤沢徳洲会病院>

【研修ねらい】
救急医療現場における病態に応じた迅速なトリアージ及び初療の実施により、患者の生命危機を回避するための支援ができる。
<参加者の感想>
短い期間でしたが、日勤1夜勤両方の研修に参加できたことで、一日の業務の流れを知ることができました。また多くの症例に関わることができ、とても貴重な経験ができました。

湘南でDo!救急救命センターの看護<湘南鎌倉総合病院>

【研修ねらい】
救急医療現場における病態に応じた迅速なトリアージ及び初療の実施により、患者の生命危機を回避するための支援ができる。
<参加者の感想>
大規模なERでの体験はこのような機会がなければなかなかできるものではなく、自分にとってとても貴重な体験・経験となりました。今後の看護に活かしたいと思います。

慢性心不全患者看護研修<名古屋徳洲会病院>

【研修ねらい】
1.安定期・増悪期・終末期における慢性心不全患者とその家族のQOLに向けて、多職種と協働してチームの役割を学ぶ。
2.慢性心不全患者の看護のポイントを学ぶ。
<参加者の感想>
日頃から悩んでいた患者の退院支援の介入や後輩指導において助言や指導頂き沢山の気づきができました。                             
徳洲会グループの他施設へ研修に行くこともできます。
全国に関連施設のある大規模グループ病院だからこそできることです!
平成29年度は19病院が39種類の研修プログラムを組みました。
当院が参加した以外にも
静仁会静内病院(北海道)      僻地離島研修「サラブレット研修」
岸和田徳洲会病院(大阪)      救急看護「岸和田だんぢり研修」 
屋久島徳洲会病院(鹿児島)     僻地離島研修「もののけ研修」
喜界島徳洲会病院研修(鹿児島)   僻地離島研修「しまんちゅ研修」

など各病院、研修内容はもちろん真面目ですが地域にちなんだ研修名がついています!

海外研修

ハワイ研修

サンプル画像
<研修内容>
4泊6日
急性期ケア・高齢者看護

世界屈指のリゾート地、ハワイ。多くの観光客に対応している為、医療施設が非常に充実しており、米国の中でも最先端の医療が行われています。
今回、徳洲会ハワイ研修に参加させて頂き、ホノルル州にある「クアキニ・メディカル・センター」へ訪問しました。「早期退院に伴う急性期看護への対策」と「高齢者ケア看護」をテーマに、日本とアメリカの医療制度の違いなども学ぶことができました。また、高齢者施設の見学や入所者の方との交流も行いました。古き良き日本の歌を一緒に歌ったり、おてだまや紙風船バレーなどを通して、通訳さんを介しながらも慣れない英語でコミュニケーションをはかり、楽しく充実した時間を過ごさせて頂きました。

研修のあとは全国の徳洲会から集まった仲間と共にマリンスポーツやショッピング、素晴らしい景色を眺めたり、と親睦を深める事もできました。

タイ研修

サンプル画像
<研修内容>
6泊7日
保健指導ボランティア活動(山岳民族宅に民泊)


微笑みの国タイへNPO法人エコピースが行っている活動へボランティア研修として参加してきました。タイは日本人観光客も多いですが、他の国の人も沢山来るそうです。
今回は北タイへ行き、親のいない子供達を保護している施設、山岳民族へ訪問し、古着を持っていったり、子供へお菓子をあげたりしました。また、図書館へも訪問しました。
子供を保護している施設にいるのは、ミャンマーから国境を越えて子供や、路上で物乞いをしている子供達でした。当初は、国境近くに施設があったそうですが、子供がいなくなったと思ったら人買いにさらわれてしまい売られてしまっていたなどのことがあり子供の安全のため場所を移動したそうです。
また施設の周りには養殖池と田んぼがあり子供達で魚を養殖したり、米を育てたりしていました。
養殖も最初のうちは子供たちが食べてしまいなかなか育てられず、更に別の人が養殖している魚も食べてしまい苦情きて大変だったそうです。子供達で米を栽培し、魚を養殖していると聞いて、とてもびっくりしました。
またメーサイドロップインセンターというストリートチルドレンを保護している施設へ訪問をし、心電図の検診も行いました。この施設では、子供を保護し、子供に読み書き教えたり仕事を職業訓練なども行い、子供に物乞いをさせないようにする活動を行っていました。
山岳民族の集落へ訪問し宿泊しました。夜は集落の人へカレーを作り、焼肉をしました。

この研修を通して、タイの現状を知ることが出来、日本という国とても豊かな国だったんだなと思い、またボランティア活動の大切さを知ることが出来ました。今度は個人でもNPO法人エコピースの活動に参加したいなと思いました。


採用に関するお問合わせ

お問合わせ
お問合せ部署: 看護部
お問合せ部署電話番号: 046-223-3636(代)
E-mailアドレス: kango@shonan-atsugi.jp